宝篋印塔(ほうきょういんとう)【大和郡山市指定文化財】

鎌倉の造形美が刻まれる古塔

イメージ:宝篋印塔
イメージ:宝篋印塔

額安寺の前の鏡池(明星池)の池島に建つ美しい石塔。慈真和尚が母のために作ったものと伝えられ、記銘を持つものとしては日本で三番目に古く(文応元年=1260年の建立)、美しさにおいて抜群であると言われています。各部の均衡がよく、荘重典雅な古塔で、鎌倉中期の様式の特色をよく表しています。