イメージ:仏舎利プロジェクト


仏舎利プロジェクト

平成19年11月吉日、お釈迦様のお骨『仏舎利』が、世界的宗教画家杉本哲郎氏のご子息杉本一郎氏より額安寺に奉納されました。

ネール首相と杉本画伯

額安寺に奉納された仏舎利は、世界的宗教画家である杉本哲郎画伯が親交のあったインド独立後の初代首相ネール首相から贈られたものです。仏舎利はインド政府が国内各地から集められたものでしたが、ネール首相は「仏教徒のあなたが持っていた方が良い」とおっしゃって、杉本画伯へ直接手渡されました。インド古代仏教美術に範をとり、宗教美術において一家をなした杉本画伯の作品を、ネール首相も高く評価していたそうです。


聖徳太子の縁に導かれて

仏舎利はその後、長らく杉本画伯の親族が保管されていましたが、「聖徳太子ゆかりの地で、ひたすら釈迦を信仰している額安寺が安置場所にふさわしい」とご子息の杉本一郎氏が奉納をお決めになられました。額安寺は日本で初めてお釈迦様の教えを説いた聖徳太子にゆかりのある古刹。仏舎利という運命の糸を通じて太子がお釈迦様とつながり合えたことに、不思議な運命を感じさせられます。


仏舎利塔建立について

仏舎利塔の建立を決定いたしました。

1400年以上もの時を超えた『お釈迦さまと聖徳太子の出会い』を、額安寺は大切に守り続けていかねばならないと考えています。このありがたい機会に際して、渾沌と不安に満ちた現代に智恵と福徳がもたらされることを願い、仏舎利塔の建立を決定いたしました。建立にあたって浄財を募りますので、ご協力の程何卒よろしくお願いいたします。